FB日本留学支援センターが支援した成功事例と留学生からの声です。 

日本への留学の成功事例

成功事例の一例をご紹介します。

  • 早稲田大学
  • 早稲田大学IPS研究科
  • 筑波大学国際日本専攻
  • 九州大学経済学府
  • 九州大学農学院
  • 広島大学国際協力研究科
  • 広島大学経済研究科
  • 埼玉大学経済研究科
  • 群馬大学経済研究科

留学生の声

no1
李葉さん(24才)

私は今、早稲田大学院の2年生です。日本の大手通信会社の就職内定を頂き、卒業後の来年4月に入社する予定です。今から考えれば、日本へ留学に来て本当に良かったと心の底から思っています。

私が中国の大学を卒業した時、日本語しかできない私は将来に対して不安があり、高い専門性を身につけるため、教育レベルの高い日本へ留学すると決めました。両親はある大手の留学仲介業者に頼もうとしましたが、友達からはその業者は絶対頼まない方がよいと言われました。どうやら、その業者はアメリカ留学に強いが、日本などアジアの国々への留学を担当する人はレベルがとても低いということだったのです。そのような時に、友達が「小Y日本留学支援機構」(現在「FB合同会社」)を紹介してくれました。小Yは日本留学に専念し、今まで多くの留学生の成功事例があり、更に事後に成功報酬なので、心配がなく、安心して任せることにしました。

申請プロセスはとても明確で、担当して頂いた方が私の研究計画書作成を一所懸命指導してくれました。一か月後、私は二つの大学から入学内定を頂きました。その知らせをもらった瞬間の感動と感激は今でも覚えています。日本に留学して、奨学金をもらったり、少しアルバイトをしたりして、私の生活は全然変わりました。教授と一緒にヨーロッパへ学術発表に行き、ついでに楽しい旅行もできました。小Y留学支援機構は中国国内の仲介と違って、本社が東京にあるから、奨学金の面接対策や就職エントリシートなどいつでも相談に乗って頂けました。留学での学校選定の段階から、願書作成、留学後の日本での生活のアドバイアスや就職支援など継続してサポート頂き、本当に頼りのある存在です。


no2
徐酥均さん(23才)

私は中国の211重点大学の日本語学部を卒業しました。日本語を勉強してから初めて、日本のことを多く知り、深く興味を持つようになりました。そして大学卒業後には日本へ留学したいと考えるようになりました。大学3年生の時には東京の外国語大学で1年間交換留学を経験しました。大学卒業の直前に、国内で有名な留学仲介会社に頼もうとしましたが、サービス態度が悪く、質問に対する回答など仕事の効率も低くて不満を覚えました。責任感の感じられない対応が見られ、自分の将来を任せられないと思って、契約違約金を払うまでして委託を中止しました。悩んだ私は先輩に相談したところ、「小Y留学支援機構」を試したらと薦められました。先輩の成功事例があったから、すぐ小Y留学の担当者と連絡しました。担当の方は優しいお姉さんで、私の留学への考えや趣味、将来の夢など何時間もかけて私の状況を確認してくれました。翌日、すぐ私のために詳しい留学計画を作ってくれました。私はその計画に沿って勉強し、指導を受けながら何とか研究計画書を書き上げました。その後、担当のお姉さんの厳しい指摘をたくさん受けましたが、最後には立派な論文に仕上がり、とても嬉しかったです。その後1ヶ月位で九州大学と東京の国立大学の入学内定を頂きました。その時、深夜まで私の文章を指導してくださったお姉さんのお陰様だと本当に思いました。


no3
谭笑雅さん(24才)

私は重慶師範大学日本語学科を卒業しました。日本文化をもっと体験したい思いと専門知識の学びのため、卒業の直前に、日本へ留学すると決意しました。国内の留学仲介業者に聞いたところ、6万元以上の仲介手数料がかかると言われました。どうしたらよいかと困り、インターネットで留学に関する情報を集めていたところ、豆瓣で「小丫留学支援機構」を紹介されました。最初はあまり信じられなかったですが、当該社の留学顧問とQQで数日交流しているうちに、日本留学に関連する専門的な知識と情報、優しい態度に感動しました。また、相談によって、留学に対する悩みや不安も消えてゆき、留学申請を任せることにしました。嬉しいことに、効率が非常に高くて、担当者たちの指導の下で、私はすぐに第一志望だった広島大学の入学内定をもらいました。その後、資料の審査や、ビザの申請も順調に捗り、私は4か月以内で日本へ留学する夢を実現させました。


no4
赵琳さん(19才)

私は重慶市酉阳第一中学校を卒業しました。日本に定住した親戚から、日本の大学は国際競争力が高いと常々聞いていました。高校卒業後、小Y留学支援機構に東京の日本語学校への代行申請を依頼しました。小Yの担当のお姉さんは、伝統的な日本文化の感じられる東京都心部の学校を紹介してくださいました。Ilove this city.学校が目の前にある一軒家の寮に住み、毎日放課後は地下鉄で10数分のところにある銀座(日本で一番有名な繁華街)にアルバイトに行っています。日々とても充実した生活をしています。高級品がずらっと並ぶ銀座は毎日私を励ましているように感じます。

日本へ来る前は日本での生活は想像もできなくて、不安でたまらなかったのですが、小Yのお姉さんはなんでもサポートしてくれ、すぐ問題を解決してくれました。日本に来た初日は学校まで送ってくださったことを今でも覚えています。また、「東京に来たら、努力する以外にない」と小Yのお姉さんから励ましの言葉を頂きましたが、それは私の座右銘になっているぐらい日々思い出して自分を励ましています。本当にありがとうございました。

今は、インターネットや携帯電話の契約、旅行など何でも真っ先に小Yのお姉さんに聞いています。これからも宜しくお願いします。小Yお姉さん、FB会社の経営も頑張ってくださいね。